北海道大学大学院国際食資源学院

教育の特徴

  1. ホーム
  2. 教育の特徴
  3. 文理融合型の学際的な教育

文理融合型の学際的な教育

21世紀の食資源に関してグローバルな問題を解決するためには、農学・工学・水産・地球環境・保健などの「理系」と教育・経済等の「文系」が参画する「文理融合教育」による人材育成が非常に重要です。

本学院では、異なる専門分野の教員による教育研究指導を通じて、現代の世界情勢・経済、歴史、民族や思想などの文化面と、食料生産や環境保全のための技術面を一貫して学び、食資源にまつわる諸問題を解決するための、世界で通用する広い視野と国際交渉力をもったパイオニア人材の育成を行います。

また、文理融合型の教育を実施するため、主に文系の学生を対象として理系科目の理解を助けるための基礎的な講義が予定されています。さらに国際社会で活躍する際に必要な知識と素養を身につけることができる講義なども予定しています。