北海道大学大学院国際食資源学院

教育の特徴

  1. ホーム
  2. 教育の特徴
  3. 英語での講義

英語での講義

世界に羽ばたく人材になるには、海外で通用する英語能力を身につけることが必要です。そのために国際食資源学院における講義等はすべて英語で行います。博士論文や修士論文とその審査も英語によります。特に海外からの多彩な教員陣から生の英語で学ぶことは、自身の英語力アップに大いに役立ちます。

【海外から招聘する講師陣(予定)】

カリフォルニア大学デービス校 Roger Brett Boulton (ワイン醸造学)
Shota Atsumi (合成生物学)
Robert Hackman (栄養学)
 ウイスコンシン大学マディソン校 Brian Grant Fox (生化学)
カセサート大学 Methee Kaewnern (水産資源管理学)
アイオワ州立大学 Lance H. Baumgard (家畜管理学)
フランス農学開発国際協力研究センター Philippe Karpe (アフリカ農村政治学)